† 自然界が教えてくれること †

ついこの間まで寒くて、外に出て何かするのも億劫でしたが、
このところ気温が高い日も増えて、太陽の暖かさが嬉しいです。

本当はもうちょっと早い時期に鉢植えの土の入れ替えをしたいなぁ〜と思っていたのですが、
お休みの日に限って寒い雨だったりでなかなか時間がとれずに・・・

こんなことになってしまっておりました・・・・。
(ごめんねっ。。。この場所油断しているとあっという間に色んな草が至る所にすぐ生えてしまう。)

そんなとある日。
ちょっとした事件が起こりました。

事件というには大げさですけども、洗面台の水道栓が壊れて水が止まらないっ。

元栓をとりあえず閉めて直せるかなぁ〜って見て見たんですが、

『これはさすがに自力では、無理』

このまま仕事にでかけても、私が帰ってくるまで家族が困ることになるだろう。-という様子が見えたので、仕事はお休みしてとりあえずすぐ業者に来てもらうことにしました。

とてもいいお天気。

!!!

鉢植えの土替え出来るじゃないか。

ってことで、事件がおこり一瞬は凹みましたが、
ずっと気にしていたのでその時間が出来たのかもしれないと。

数年前に大きな試練があり、
そこから大切なものを守ることで日々走って来たのはいいのですが、
気持ち的な余裕が無いような、
自分の感性を鈍らせているところもあるので、
自分の感情が上手く出て来ていないことには薄々気がついいたものの、
見ないふりしてました。

ここ1年間、庭にでてゆっくり自然界と遊ぶこともほとんどやってなかった。

鉢の中にいろんな草が生えていて実体が見えなくなりつつあるアマリリスを眺め、こんなに放っておいたから、もしかしたらダメにしてしまったかもしれない・・・・と恐る恐る鉢から古い土と一緒に球根を取り出しました。

いやいや・・・・・・・
昔から強い花だなと感じることは多々ありましたが、
鉢の中に張り巡らされていた根の様子を見て驚きです。

表面に見えている世界と見えない部分にある世界。

どんなに進んでいないように見えるかもしれないことも、
表に出るまでにしっかりと根を張り巡らしてから出て来て、素敵な大きな花を咲かせる。

こんな風に自然界と戯れていると、実際には何も聞こえないけれども、
色んな物語を教えてくれる。
メッセージを発信してくれているように感じるのです。

今の自分の状態に対して、励ましの言葉をくれた気がしました。

アマリリスは元々どんな花なのかは知らなくて(小学校の時にアマリリスって歌をリコーダーでさんざんやったにも関わらず見たことが無かった。)きっかけがもしも無かったら育てることも無かったかもしれません。

どんな物事も縁であったり、意図していないところから始まることが実際は多いのだと思います。
アマリリスのきっかけもそのような感じで育て始めてから、ずっと自分の生活の中にあるのが当たり前になっていました。

アマリリスと過ごすようになり、これまでも沢山のメッセージを貰ってきていたなぁと思いました。

本当に、土の入れ替えが遅くなってしまったので申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、
植え替えをしている間、根っこや土に触れた時に手に伝わるエネルギー。
「大丈夫よ」って言ってもらえた気がしました。

また、大きな花を咲くまでの姿を見ながら色んなことを教えてくれると思います。

表にはなかなか見えないことでも、
こうすることが良いのだと思うことに向かって、しっかり根をはって進んでいけばいいのだと。

自然界と触れ合う時間はとても素敵な時間だとあらためて感じました。

どれだけ忙しくても、ほんの少しの時間でもそんな時間は大切にしたいなと思います。