† 現状の目と結果の目 †



初めて絵で賞状をもらったのは、小学校3年のときだった。

大阪城の絵だった。

鳥が不自然に大きく描いてあって、
はじめはみんなが「なんだこの絵」と笑っていた。

それが入選したとたん、言ってることがみんながらりと変わった。

それまでは紙があれば絵ばっかり描いていた私に、
「そんなしょうもないもの描くんだったら漢字の1つでも書きなさい。
紙がもったいない。」
と言われ続けていたが、
その日を境に何も言われなくなった。

 

また、芸能人が芸能界に入る前に、
周囲の反対にあったという話をよく聞く。

「お前、芸能界ってどんなところだか知ってて言っているのか!?」
と言う人達は実際に見てきたのだろうか?

 

「よっぽど才能ないと無理よ。」
という人達に、その人の才能が分かっているのだろうか?

 

全く新しい事業をはじめようとする人に周りは言う。
「そんなの本当にうまくいくかなぁ?」
「あぶないからやめといたら?」

 

経験したことがない人に限って、こういうことを言う人が多い。

しかし、そうやって今まで悪く言われてても、
何かがあったり、評価されるようなことがあったりした時、

成功という結果が出た時、

批判していたり、悪く言っていた人達の言ってることが
逆に良いことを言うようになる。

失敗すると 「ほら、やっぱりな」
成功すると 「さすが!やると思っていたよ!」

結局、最終的には最後にどういう結果をだしたかで
周囲の見る目なんで変わるものだ。