† 沈黙の雨 †



車の中で二人、
ただ雨の音を聞いていた。

こういう時は、
いつも雨が降っている。

長い沈黙。

お互いの顔も見ず
シートにもたれている二人。

どうして、いつもそうなるのか。
冷えゆく空気の中で、二人の心も冷めてゆくのだろうか。

些細なことから、少しずつ距離は遠のいて
どちらかが、口を開くのを待っている。

二人を引き裂く言葉なのか
やり直すためのあたたかい言葉なのか、

ただ待っている。
お互いに口が動くのを。

二人の心の中で
お互いに想っていることはひとつなのに。

この冷えてはりつめた空気と
静かすぎる夜に

何も言えなくなったまま
雨の音を聞いていた。