† 寂しい子猫と †



少し肌寒くなった駅の改札口で
あなたは小さな子猫を抱いていた。

近くのコンビにで買ったミルクをあげていた。

”そのネコどうするの?” と聞いたら

すこし苦笑しながら

”どうしよう・・・・飼えないけれど、でもなんだかかわいそうで・・・。”

そう言って、だまって子猫をなでていた。

 

結局、子猫はその場に置き去り、
あなたは何度も振り返ってたね。

あなたは本当に優しい人だけど、
優しすぎて後に残るのは
きっと、すごくさびしい気持ち。

 

今、私はあの駅にいた子猫と同じなんだよ・・・。