† 僕らは遠い空の下 †



僕らは遠い空の下。
近くに住んでいても、
同じ場所の空気を吸っていても、
心の距離は1mmも近づきはしない。

二人がなぜ、そうなってしまったのか、
他人以上の冷たい関係になってしまったのか。

いつの間にか、どんどん広がっていった
二人の間のみぞにすべてを捨ててきてしまったのかもしれない。

 

あの人は今は遠い人。
近くにいても、もう心は全く見えない。

あの人を待つ ”誰か”の心の中に行ってしまった。

 

僕らは違う空の下。
”ひとり”という名の孤独なぼく。
あの人を待っていた”だれか”と一緒の空の下の、
今はこぼれそうに笑っているきみ。

 

僕の空も、いつしか晴れる日が来るだろう -